SNRC blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小径折畳み自転車B-M3型 組立てガイド その④

遅れました..申し訳ありません。
ワンフェス終えていつまでかかってるんだか..

激しく反省。

P3176144-3.jpg

小径折畳み自転車B-M3型、組立てガイドその④。ラストです。
残り、ギヤ・変速関連です。
今回は、キットの可変機構をよりよく機能させるための追加工作の説明がメインです。

P3166094.jpg
エッチングパーツのチェーンリングと、[13]チェーンガードは接着して完了、なのですが。

チェーンがゴム製であり、それ故チェーンは可変時どうしても実物と同じようにギヤに追随せず、ギヤから外れやすいです。折り畳みするたびにピンセットでチェーンをはめ直す..ことが必要になります。

それを少しでも避けるため、実車には無い追加パーツ工作を紹介いたします。
これは、スケールモデルであることを追求するのならばやらないのが正解ですが、可変を少しでもラクにするには有効なので、やるかやらないかは作っていただく方に委ねます。
(もっと他の方法がないかは、今後の研究課題とさせてください..)

では、説明いたします。
まず、0.4mm厚透明プラ版を直径25mmの円に切り出し、中央に5mmほどの穴を開けます。
そして、チェーンリングの裏、*印のところ、写真のように5カ所にプラ材を接着し、厚み1mmになるようヤスリます。

P3166107.jpg
この透明プラ板をチェーンリングの裏に写真のように接着し、いわば半透明チェーンガードとするわけです。
こうすることでチェーンの脱落が少なくなりますし、また透明なのでそれほど目立ちません。


P3136077.jpg
続いて、後ろの変速機まわりです。
[31]と[28]は、可変させるとき可動させる必要があるため、[28]に金属軸よりも狭めの穴をあけ、軸を固定した[31]を接着せず差し込みます。

P3136080.jpg
..と上記したのがキットパーツを生かした組立てですが、どうしても可変を繰り返すとゆるくなってヘタってくる不安があります。

そこで、もう少し確実な方法を考えてみました。
コトブキヤ製のABSユニット「Tジョイント」、その中の小さいやつを写真のように可動部に置き換えます。
こうすれば可動部の確実性が増すと思います。
ただ、キツすぎてレジンパーツが耐えきれずABS側に持ってかれる可能性があるので、ある程度のゆるさをもてるよう、すこーしだけ可動軸をヤスってあげると良いようです。

P3166118.jpg
さらに、チェーンリングと同じように、ここにも透明プラ板でチェーンガードを追加してあげると、なお確実性が増します。

P3166126.jpg
残りのパーツ。
後輪ハブの平らな面の方に、[29]を接着、軸を通し、エッチングギヤ<大>を通します。
[28]の所定の位置にはエッチングギヤ<小>を。

各ギヤはくるくる回せるように、接着剤がつかないよう気をつけて..


P3166122.jpg
次は、かなり強引な方法ですが..

後ろフレームにクロスするチェーンを通します。
組立て後の[22]の目立たないところ(写真位置は少し目立つかも..上の部分のほうがいいかもです)を、市販のエッチングノコで分断し、チェーンパーツを通した後、分断部を接着しなおします。

また、*印のところ、泥よけを固定するための金属線を通す穴を、左右共に開けておきます。

P3176148.jpg
あとは、説明書のパーツ配置を参考に、各部を組み立てていきます。


■泥よけの組立て
P3176144-33.jpg
泥よけの設置です。
写真の赤いラインを参考に、現物合わせでキット付属の金属線を曲げ加工し支柱を作り、泥よけを固定してください。


■ワイヤーの工作
P2065576-02.jpg  
キット付属のワイヤーコードを、上記の写真を参考に配線してください。
cの変速ワイヤーの行き着く先は、実車とは少しディテールが違いますが、後部変速機まわりの適当な位置に導いてあげてください。
aの前ブレーキワイヤーは、折り畳み中引っ張られることを考慮し、少しゆるめに余裕を持った長さにしてあげてください。


というわけで..
P3176144-2.jpg  
完成です!
この作例は、ワイヤーコードをホワイトに置き換え、フレームはメタリックシルバーカラーにしてみました。


■折り畳みについて
P3176185.jpg
折り畳み機構について、補足説明を。

まず、後ろフレームをくるんと回します。
そして、変速パーツ[31]の可動部を回して、チェーンを写真の経路に導きます。(外れたらピンセットで..)

P3176193.jpg
次に、シートポストをゆっくりと下げます。
そして、ハンドル支柱&前輪を180度回します。

P3176198.jpg
ハンドル支柱を倒し、フレームを折り畳み..
左ペダルを畳むと..

P3176207-2.jpg

P3176210.jpg  
折り畳み完了!



以上、長々と、且つ遅れに遅れた組立てガイド、終了です。
本当に遅くなり申し訳ありませんでした。

次回参加イベント予定は夏ワンフェスになると思います。
ただ、今進行中の企画がいくつかありますので、それが具体化すれば5月のトレフェスに他のディーラーさんとこに間借りさせてもらってちょこっと参加しているかもしれません。

P3176146-2.jpg

それではまた。


≪ イベント参加情報です。ホームすみません。 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

nkgw/

Author:nkgw/
さくらNRC。

メールは下記まで、お願いします。
当方のキットについてのお問い合わせも下記まで。



一部作品ギャラリーはこちら
[fg]


光画部
Flickr

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

recommend

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。