SNRC blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHF有明18 Final 終了

最初で最後のWHFでのディーラー参加、無事終えることができました。
関係者の方々、お手伝いしてくれた方々、皆様、お疲れさまでした。
そして、見てくださった方、コメントをいただいた方、ありがとうございました。

今回の出品は、
 ■1/100 ニッポン・チャレンジ JPN-26    America's Cup 1992
 ■1/100 Alinghi SUI-64    America's Cup 2003

でした。
20080505 WHF 0001

今回、キット出展は無く、展示のみとしました。それは、直前になってアリンギ艇のデカールのクリヤーコーティングが様々な要件に左右され、なかなか数をそろえることが難しく、また、WHFはWFと比べ、やはりスケール物には厳しいだろうと、今回はプロモーション的機会ととらえることにしたのです。実際、特にニッポン艇はパーツ・デカールもすべて揃ってましたし、出展は十分可能ではありましたが。

そういう事情で、より多くの方に見ていただこうと、展示に少しですが力をいれてみました。制作中の新作2艇も船体を展示し、先行2艇のパーツもならべてみたり。

20080505 WHF 0002

WF時からの主な変更点としては、
  ・ニッポン艇の船体形状見直し
  ・ステアリングホイール等の自作エッチングパーツ化
  ・細部パーツの作り直しと自作遠心機による複製
  ・ニッポン艇のセール表現の変更
といったところです。

20080505 WHF 0003
20080505 WHF 0004

これでようやく、Ver1.0になった、という感じです。
後日、完成写真と、自作エッチング・遠心複製のレポをアップする予定です。


で、いろいろ心配していたのですが、WFをはるかに超える反応をいただき、ほっとするとともにとても嬉しかったです。ただ一つ予想と違ってたのが、皆さん、ニッポン艇への関心が高く、アリンギ艇の人気はイマイチだったかなあ、という点でした。自分的には、カラーリングのかっこよさと、近年のアメリカス・カップレース内での話題性から(ヒール役かな?)、最初に作ろうと決めたのはアリンギのほうなのです。でも日本人として、これは外せないだろう、という想いで次にニッポンチャレンジを、て感じでした。

ともかく、最後のWHFになってしまいましたが、自分としては、非常に印象に残る楽しいイベントになりました。次の予定は、夏のワンフェスです。4艇出展予定です。


最後に、もう一枚。
イベント前日に撮った写真です。セールがない方もなかなか良いかなあ、と。
20080504 0001



≪ セール表現への長い道のり (その①) ~ニッポン編ホームWHF有明18 Final ≫

Comment

おれはアリンギの方が好きです
はやく売ってください でもこんなにキレイに造れないし・・・
デカールもムツカシそう
よく言われる『フィギュアの塗装はムツカシイので完成品で・・』
って言葉の意味が良く分かります
こんなのが部屋にあったらステキだろうな~っと

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

nkgw/

Author:nkgw/
さくらNRC。

メールは下記まで、お願いします。
当方のキットについてのお問い合わせも下記まで。



一部作品ギャラリーはこちら
[fg]


光画部
Flickr

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

recommend

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。