SNRC blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1:9 ロードレーサーを作るよ [1]

America's Cupの話題から。

2007年America's Cup以降の、泥沼かと思われた法廷闘争から、少し光が見えてきたようです。
(詳しくは省略。勝利側が有利な条件を設定できる、という伝統がまたもや、という感じです。)
今のところ、次回第33回America's Cupは、来年初頭に行われることが決まりかけてるらしいです。

しかし、その決戦内容は。

カップ防衛者のアリンギ(SNG/スイス)と、挑戦者BMWオラクル(GGYC/アメリカ)が一騎打ち、
しかも、巨大なカタマラン(双胴艇)もしくはトリマラン(三胴艇)で!

うう、どうなっていくのでしょう、カップは..
まあ、きちっとした組織がオーガナイズするスポーツ大会(もしくは興行)というよりは、チャンピオンと挑戦者との私闘、的色合いが濃いですからねえ、最近では。

そういった状況に嫌気がさしてか、世界のセーリングスポーツファンの間では、今開催中の半年以上かけて世界を一周するVOLVO Ocean Raceが人気を集めてるそうです。

で、America's Cupに話をもどして。
つい先日、アリンギのモンスター・カタマラン、"Alinghi 5" が公開されました。

2009_07_08_008c.jpg Photo - Philippe Chaplin:Sailing Anarchy Forums
3704049448_2758c9477c_o.jpg Photo - Flicker : Alinghi Official Flicker area
なんでしょうか、これは..

さらに!

2009_07_08_042c.jpgPhoto - Philippe Chaplin:Sailing Anarchy Forums
エンジンが!
動力には使用されず、冷却用?らしいのですが(ホントか?)、もはやなんでもあれ、な状況です。
また裁判沙汰になるかも..

以後、続報を待つ..



次は自転車。

今年、ツール・ド・フランスが熱いですね。
近代ツールでは今中大介さん以来13年ぶり、通算では3and4人目となる新城幸也選手と別府史之選手日本人が二人も出場し、しかもそれぞれステージ5位と8位に入賞という、歴史的な活躍を見せてくれています。凄いなあ。

という訳で。
ていうことでもないのですが。
1:9スケール自転車第2弾、ロードレーサーを作るよ。

P6193691.jpg
まずは後輪から..
オルファのサークルカッターで円を切る。
プラ板が分厚いとずれていきやすので、ゆっくり慎重に..
ちなみにディスクホイールなので、中はくり抜かずにそのまま。

P6203702.jpg P6193694.jpg
プラ板三枚重ねでタイヤをはめるミゾを確保します。
ホントは側面に微妙な曲面をえがいてたりするようなのですが、実物を観察する機会もなく、ここはフラットで。


P6193700.jpg
ブレーキパッドが接する部分を筋彫りした後、タイヤをはめてみる。
ん、いい感じ。
タイヤには、市販の3mm円形ゴム。
コンマ㍉ちょびっと大きいけど、示し合わせたかのように1/9に近いサイズに感動し、そのまま使うことに。どうしても気になってきたら、レジンになったパーツをヤスってあげればいいしね。

続きますー

≪ 1:9 ロードレーサーを作るよ [2]ホーム夏に向けて ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

nkgw/

Author:nkgw/
さくらNRC。

メールは下記まで、お願いします。
当方のキットについてのお問い合わせも下記まで。



一部作品ギャラリーはこちら
[fg]


光画部
Flickr

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

recommend

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。