SNRC blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16型子供用自転車 組立説明[3]


16型子供用自転車キットの組立説明その3です。


1001.jpg

1002.jpg
各パーツ配置です。

[2]ハンドル・[15]シートポスト、高さはお好みで。
[21]後ろ泥除けは、前輪の説明を参照下さい。
フロントフォーク部とハンドル部を、金属線で軸を打ちフレームに通して上手く固定すれば、ハンドルを左右に切れるようにも工作可能です。

あと、またもや反省点なんですが、ハンドルのグリップは、真横から見てゆるやかに水平~地面側にさがってるくらいが正解な気がします..完成してから気付きました。。 ですんで、ハンドルを少しドライヤーとかで暖めて、下がり気味に修正していただけると、角度的にいい感じになると思います。お手数で申し訳ないです。

[22]リフレクターの反射面には、ラピーというメタリックテープの赤を貼っています。

塗装ですが、タイヤは黒そのものを使うのではなく、少しグレー気味のほうがリアルになります。そしてツヤ消しで。
シルバーは、グロスブラックの上にガイアノーツのEXシルバーを吹き付けてます。クレオスのメッキシルバーほどではないですが、結構輝きはあります。下地をキレイにみがいておけば、より輝きますね。

1003.jpg
付属のエナメル線を使った、ブレーキワイヤーです。

左ブレーキレバーからは後輪ブレーキへ、右ブレーキレバーからは前輪ブレーキへと導いて下さい。
グリップパーツのワイヤーが出るポイントに穴を開け、ハンドルにグリップ固定・全体の組立完了後、エナメル線をグリップパーツに瞬間接着剤で接着、そして各ブレーキへ。
後ろ用は、前回説明したフレーム下の突起2カ所に接着して固定してください。


1004.jpg
前ブレーキ部分です。
あー、パーツのペーパーがけが足りませんねー。アップにすると厳しい..

写真を参考にバランスをみて、フロントフォークに[9]・[10]ブレーキパーツを固定してください。

[10]の写真部分に、ブレーキレバーからのエナメル線=ブレーキワイヤーが来ます。

あと、かごの下の溝に洋白線がかかるようにしてかごを固定してください。


1005.jpg
補助輪です。

付属の1.0mmアルミ丸棒を表記の長さに(余裕見て、接着しろも忘れずに、)カットし、曲げます。
で、写真の*印部分(3-4mmほど)をヤスリで裏表平らにけずり、穴をあけて後輪の軸に固定します。

アルミ棒のかわりに、市販の1mmステンレスパイプ等を使うと、強度も増すし、*印の加工もペンチで先をつぶすだけで済みます。材料が入手可能でしたらお試しを。

で、完成!
002.jpg 003.jpg 1006.jpg
という訳で、組立説明は以上です。

もし、ご質問等ございましたら、およせください。
こんな自転車が1/9で欲しいーというリクエストもあれば、参考にさせていただきます。
スポンサーサイト

ホビコンGK ミニレポート

子供用自転車の組立説明、お待たせして申し訳ありません。続きはもう少しお待ち下さいませ。



3月1日、都立産業貿易センター浜松町館にてホビコンGK01が行われました。
私はディーラー参加していませんでしたが、一般として参加してきました。

P3011958.jpg
都産貿、といえば同人系やドール系のイベント会場として有名です。
が、なにより、ここは第一回ワンダーフェスティバルが行われたところ、なんですね。
懐かしい、という気持ちで参加された方も多かったんじゃないでしょうか。


P1231793.jpg というわけで、1985年、第一回ワンフェスを伝えたHJ誌の当時の記事から。

P1231798.jpg 同じく、当時のMG誌の記事から。時代を感じるなー。
当時まだ私は関西在住の少年で、ワンフェスなど、遠い海の向こうのできごと、のごとく感じてた気がしますね。


P1231798-2.jpg 会場前写真を拡大。ネーネさん、お元気でしょうか。

P3011957.jpg 上の写真と同じ場所、現在の様子。24年たっても、太くはなってるけど木の枝振りとか同じなんですねー。


P3011979.jpg で、現在に戻って、ホビコンGK、会場内の様子、お昼頃。かなり盛況に感じましたよ。

こういう小規模イベントでは、フィギュア系が当然大多数で、スケール系/怪獣系/創作・小物系で参加される方は少数派です。皆さんやはりワンフェスに照準をしぼってくる方が殆どのようですね。
ですけど、自分もスケール系といえばスケール系なんで、こういったイベントでも上記のようなジャンルの方々がもっと参加して盛り上げていってほしいなあ、と思うのです。

というわけで、そういったディーラーさんを中心にミニレポートとして少し紹介しようと思います。
他のフィギュア系は、ほかのサイトが沢山レポートされると思うんで、そちらにおまかせ。

ブログ掲載写真について、問題があればご連絡ください。対応させていただきます。

写真がボケ気味なんですが、すみません、その辺はご容赦ください。

P3011961.jpg


P3011969.jpg
「ペットショップ」さん。オリジナル宇宙船。 「LUNATIC FACTORY」さん。ウォーターラインですね。戦艦と改造パーツ。

P3011985.jpg
こちらは有名な、「DO楽DO」さん。ビッグスケールで迫力あるヤマト戦艦。工作精度も非常に高いです。

P3012049.jpg
「うぐいすの糞で超美顔」さん(なんだこの名前は(笑)。下の戦車にあわせて(?)1/72でのちっこい動物瓶入り。塗装済完成品。ウサギとツチブタ?

P3011959.jpg「ケチャップ堂」さん。30センチサイズの怪獣だ!新マンのサドラ!渋い!

P3011977.jpg「GO to GARAGE!!」さん。展示のみでしたが、これは凄いよ!アヤナミとバイク、レジン&メタルキット。プラキットのパーツ使用じゃない、フルキットです。バイクの精度が素晴らしい。タイヤの文字刻印、トレッドパターンまで再現されてるよ!

P3011991.jpg
最後にフィギュアを。「なかはらワークショップ」さん。ねぎまの明日菜ですね。
模型・フィギュアのHow to 講座である模型塾に半年前から参加されて、フィギュア・スクラッチ初挑戦で、イベント参加までこぎ着けた、こーほくさん。今回は販売には至らなかったんですが、今までの模型塾での経過を詳細に綴ったこーほくのガレキblogは、フィギュア初めて作ってみようかな、と思ってる方には必見だと思います。ここまで含めてまさにドキュメンタリーだ。



ということで。久しぶりに一般でのイベント参加も楽しかったなあ。
今回は、賑わいもあり、熱気もあり、で。

さてそろそろ、ワンフェス準備開始しなきゃ、です。

Home

プロフィール

Author:nkgw/
さくらNRC。

メールは下記まで、お願いします。
当方のキットについてのお問い合わせも下記まで。



一部作品ギャラリーはこちら
[fg]


光画部
Flickr

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

recommend

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。