SNRC blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セール表現への長い道のり (その①) ~ニッポン編

ごぶさたしております。
 8月のワンフェス、America's Cup 4艇出品にむけて、準備中であります。
 6-7月は時間がとれなさそうなので、前倒しで準備を完了させておこう..という野望でありましたが。まだまだです。時間は少ないのに、あれやこれやと修正をしていくと、一向にゴールが見えてきません。個人的にお待ちいただいている方、申し訳ありません。もう少しお待ち下さい。頑張ります。



今回は、セール(帆)について。

sh v

船体に対しアンバランスなまでに大きく、鋭いシェイプの三角形.. 
それはまるで、ただ速さを追い求め海原を切り裂いていく刃(やいば)、
もしくは強き風を求め空へ望む翼のよう...
レーシングヨットのその姿において、セールこそが最も美しい構成要素だと私は思います。


America's Cup艇のスケールモデルを自作すると決めたとき、最も悩んだのがこのセールをどう表現するか、でした。船体や各パーツの工作はなんとかなるけど、セールは、ノウハウも無いし、どうしようかなと。実際、船体他の工作と同じくらい、いやそれ以上の時間を、セール+マーキングのデータ作り、出力のトライ&エラーのくり返しに費やすことになったのでした。でも、思いもしない結果や方法が見つけられたりして、それはそれで楽しかったですけどね。

ノウハウが無い、というのは誰もが知りたいけど方法が少ない、という場合もありますが、やる必要のある人が少ないのでノウハウの蓄積が無い、ということに今回はあてはまるかと。よって、今回の日記は参考になる人がいないと思いますが、迷走する自分的記録として、ここに記しておくことにします。そんな独り言だけど、迷わず行くよ!

ちなみに、過去の模型におけるセール表現についてですが、古い歴史のある木製帆船模型では、布地をいかして素材感と風を受けたたわみを表現しています。プラモデルの世界では、古くはエレール、国産ではイマイが
、薄いプラをバキュームフォームで形成し、素材感では布地に一歩譲るものの、作り易さを優先したセールを実現してきました。
(エレールの帆船プラモデルには、名作が多いよ。)

で、America'S Cup艇のセールですが、スピンネーカー等を除き、メインの帆は風をはらんで大きく膨らむこともなく、形状的には平面の薄いシート状のものを少し湾曲させることで表現できそうです。問題は、表面の色・模様です。

080529 001

90年代後半から、America's Cupのセールは、黒いカーボン繊維が透けて見える透明+黒の、遠目には黒~グレーっぽい色合いのnorth sail社製のものが主流になりました。2003年のアリンギ艇はこのセールです。
写真は、今回の主題、1992年のニッポン・チャレンジ艇のセールです。このころは、そのセールの変革期にさしかかる少し前、て感じでしょうか。
実際、どんな素材でどういう構成でああいう風に見えるのか、よくわかりません。もし、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて下さい(笑)。

さて、模型を作る上でのニッポン・チャレンジ JPN-26 セールの外観上の特徴としては、

   ●微妙な変化の黄色~ベージュ色
   ●透過性があり、光のあたり方によって結構透けて見える
   ●縁取りとかは白い

といったところですかね。

080529 011

で、写真等を参考に、ドロー系でデータをおこします。この時、どんな出力方法にするか決まっていなかったので、MDプリンタでの印刷もありうる、と各色ごとにレイヤー分けして作っておきます。

080529 002

通常、模型で自作マーキング、といえば自作デカールです。模型に貼る部分的マークならばデカールの薄さが必要ですが、セールはシート状。ならば、デカールにこだわらずに、シート状のものに印刷して張り合わせればいいじゃんか、と
で、真ん中に挟む中間層用に、文具屋にて、様々な半透明で薄い素材をかき集めてきました。ようは、クリヤファイルですね。どういうことかと言うと、

080529 003

透過性がありつつ、縁どりは白。それを表現するために、市販されてるインクジェット用透明印刷シートに表・裏の模様をそれぞれ印刷し、真ん中に半透明なモノを挟んで張り合わせる。すると透過性がありつつ、印刷してない枠の部分は白く見える、はず!


■透明ラベルを水貼りしてみよう

080529 004

で、最初に実験したのが、インクジェット用耐水性透明フィルムラベル。
なぜ耐水性が必要かというと。
ラベルなので、シールになっていますが、普通に中間層素材(クリヤファイル)に貼ろうとすると、気泡が入ってキレイにいきません。そして、表側が貼れたとして、裏側は、透けて見える表の印刷にぴったりとズレ無く貼らないといけません。無理です。

こういう時、まず霧吹きに水と一滴の中性洗剤を入れ、中間層面やラベル接着面にたっぷり吹き付けます。で、ラベルを置くと、ゆるゆると動かせますので、位置決めを行い、湿らせたティッシュなどで優しく、素早く中の水を追い出します。こうすれば、微妙な位置決めも可能ですし、気泡もほとんど入りません。窓ガラスに目隠しシールを貼ったり、自動車にステッカーを貼ったりするときに使う方法ですね。

この方法を使うために、耐水性が必要なのです。実際、かなり表面にも水がかかりましたが、ほんの僅かに黒色インクが動いたかな、という程度で、驚くほど耐水性がありました。(余談ですが、この技術がインクジェットデカール用紙に応用できれば、最強なのになーと思いますね。Kトレーディングさん、いかがですか?)

気になった点としては、結構このラベル、厚みがあり(0.15mmくらい?)、表+中間+裏と張り合わせると、結構な厚みになります。実際、やんわりと曲げて湾曲させることができますし、設置してしまえば気にならないのですが。このラベルは類似商品もいくつかありますが、厚み的には同じような感じです。
なお、先日のWHFでの展示完成品はこのラベルを使っています。

080529 005

次に試したのが、半透明とうたわれてるラベルです。ちなみに、半透明のもは、このマクセル製のものしか見かけませんでした。
こんどは、中間層を透明な素材にしました。これなら、印刷してない縁の部分が白く見える..はずでしたが、透明度がちょっと高すぎなのと、白が青白く見え、ちょっと違う気がしました。でも面白い素材です。



■今度は、スプレーのりで..

080529 006

迷走中、ここでふと思いました。ラベルの水貼りは良い方法だけど、コツもいるし、それをキットを買っていただく方に強要するのもどんなもんかと。

別の方法も模索。。
写真は、デザイン関係ではおなじみ、3Mのスプレーのり77。
と、Kトレーディングのインクジェットデカール用ベーススプレー。

080529 009

水貼りではなく、ある程度位置決めが可能な方法は、、、と考え、スプレーのりで貼る方法を試してみたよ。
先ほどの、3Mのスプレーのり77は、吹くと結構荒い目の粉をふいたように白く糊が付着します。で、薄く吹いて30秒~1分以内ぐらいのあいだであればかるく貼ってはがすことができ、位置決めも結構可能です。問題点は、薄くツブツブ状の糊が表面に透けて見えて、透明性が若干落ちる、というところでしょうか。
これならば、ラベルじゃない、つまりシールじゃない透明フィルムも使えることになります。で、試したのが、インクジェット用OHPフィルム。スライド投影に使うヤツですね。
悪くないですが、結構厚みありますね。あと、最後の仕上げに艶消しクリヤーを表面に吹く必要があるのですが、表面のコーティング剤?と反応してか、白く曇ってしまうことがありました。
ちなみに、先述したラベル類にも、スプレーのり貼りは可能です。

080529 008

スプレーのりならば、と試したのが半透明紙、紙です。
割と厚手のトレーシングペーパー、て感じです。
これを、今までのラベルやシートの中間層につかったり、また、直接インクジェットやMDプリンタで印刷したり。なお、インクジェット用でない用紙にインクジェットで印刷する場合、普通、にじんで使いものにならないのですが、さっきの写真にあった
Kトレーディングのデカール用ベーススプレーを用紙に吹き付けると、にじまなくなります。類似品が画材店で売ってます。あと、水分を含んだ糊で接着すると紙はゆがんでしまうので、水分の含まない糊を使いましょう。

この用紙、結構お気に入りでした。ざらついた透明感がセールにはいい感じに思えて。コストも安いですし。ですけども、やはり紙なので、経年変化で湿気を含んで変形・ゆがみをおこす可能性が高いので、キットに使うのはやはり難しい、かな。


■戦い終えて。総括。

080529 012

結局、現時点での結論としては。
やはりアルプスのMDプリンタでの印刷デカールに、半透明中間層シートでいこうかと。
(何だそりゃー)
MDプリンタは、微妙な淡い色表現のベタ塗りは不得意なのですが、黄色系は網点がさほど目立つことも無く、僅かなムラもセールの模様に見えないこともなく、悪くない。

いや、色々と試した結果としては、「どれも使える」。
が、「キットに入れるには難しい。」ということです。
個人的には、いろいろな表現で楽しみたいと思います。



P2211836-2.jpg


スポンサーサイト

WHF有明18 Final 終了

最初で最後のWHFでのディーラー参加、無事終えることができました。
関係者の方々、お手伝いしてくれた方々、皆様、お疲れさまでした。
そして、見てくださった方、コメントをいただいた方、ありがとうございました。

今回の出品は、
 ■1/100 ニッポン・チャレンジ JPN-26    America's Cup 1992
 ■1/100 Alinghi SUI-64    America's Cup 2003

でした。
20080505 WHF 0001

今回、キット出展は無く、展示のみとしました。それは、直前になってアリンギ艇のデカールのクリヤーコーティングが様々な要件に左右され、なかなか数をそろえることが難しく、また、WHFはWFと比べ、やはりスケール物には厳しいだろうと、今回はプロモーション的機会ととらえることにしたのです。実際、特にニッポン艇はパーツ・デカールもすべて揃ってましたし、出展は十分可能ではありましたが。

そういう事情で、より多くの方に見ていただこうと、展示に少しですが力をいれてみました。制作中の新作2艇も船体を展示し、先行2艇のパーツもならべてみたり。

20080505 WHF 0002

WF時からの主な変更点としては、
  ・ニッポン艇の船体形状見直し
  ・ステアリングホイール等の自作エッチングパーツ化
  ・細部パーツの作り直しと自作遠心機による複製
  ・ニッポン艇のセール表現の変更
といったところです。

20080505 WHF 0003
20080505 WHF 0004

これでようやく、Ver1.0になった、という感じです。
後日、完成写真と、自作エッチング・遠心複製のレポをアップする予定です。


で、いろいろ心配していたのですが、WFをはるかに超える反応をいただき、ほっとするとともにとても嬉しかったです。ただ一つ予想と違ってたのが、皆さん、ニッポン艇への関心が高く、アリンギ艇の人気はイマイチだったかなあ、という点でした。自分的には、カラーリングのかっこよさと、近年のアメリカス・カップレース内での話題性から(ヒール役かな?)、最初に作ろうと決めたのはアリンギのほうなのです。でも日本人として、これは外せないだろう、という想いで次にニッポンチャレンジを、て感じでした。

ともかく、最後のWHFになってしまいましたが、自分としては、非常に印象に残る楽しいイベントになりました。次の予定は、夏のワンフェスです。4艇出展予定です。


最後に、もう一枚。
イベント前日に撮った写真です。セールがない方もなかなか良いかなあ、と。
20080504 0001


続きを読む ≫

WHF有明18 Final

5月5日、有明東京ビッグサイトにて行われるWHF有明18 Finalに出ます。

さくらNRC コ05

America's Cup 出場ヨット 1/100 レジンキャストキット

  ■ニッポン・チャレンジ JPN-26  America's Cup 1992
  ■Alinghi SUI-64  America's Cup 2003 Winner

以上2点の展示を致します。
WF時より、船体・各パーツを作り直し、一部エッチングパーツ化した改修版です。販売はありませんが、もしご興味がおありの方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。




今回、”よつばと!”立体史上最高の風香フィギュアを作っておられる、3x3x3さんとおとなりディーラーとなりました。ほんと素晴らしいので、こちらもぜひぜひ、です。

Home

プロフィール

nkgw/

Author:nkgw/
さくらNRC。

メールは下記まで、お願いします。
当方のキットについてのお問い合わせも下記まで。



一部作品ギャラリーはこちら
[fg]


光画部
Flickr

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

recommend

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。